TECダイバーコース

テクニカル・ダイビングは、主流のレクリエーショナル・ダイビングに比べて遥かに深い場所へ、経験豊富かつ資格のあるダイバーが行なう、スクーバ・ダイビングの「エクストリーム・スポーツ」です。テクニカル・ダイビングは、この種のダイビングに伴う追加された危険性を管理するために、極めて多くの器材とトレーニングが必要であることにより区別されています。

テクニカル・ダイビングはすべてのダイバーのためにあるものではありませんが、挑戦したいものを探している人にとって、「PADI TecRecコース」がその答えとなります。

PADIテック40

テクニカルダイバーへの入り口であり、最大40mまでの制限された減圧ダイビング(減圧用にはEANx50までのナイトロックス、最大減圧時間は10分)ができるようになるコースです。
メインで使用されるタンクは、Wタンクの他、Hバルブ付きのシングルタンク、通常のシングルタンク+ポニーボトル、サイドマウントから選べます。

受講最低年齢 18歳
参加前条件 ・アドヴァンスド・オープン・ウォーター・ダイバー以上
・エンリッチド・エアSP取得
・ディープ・ダイバーSP取得
・30ダイブ以上のログブックによる経験の証明があり、少なくとも10ダイブはエンリッチド・エア・ナイトロックスを使用した18メートル/60フィート以深へのダイビングであること
・医師の診断書
必要器材 ・通常のレクリエーショナルダイビングで使用されるBCDとレギュレーターを除くダイビング器材
・メインで使用するタンクに適切なハーネス&BCD(ダブルブラダー)
・2つの独立したレギュレーター、そのうち1本はロングホース、最低1個の残圧計(サイドマウントの場合は2個)
・リール、リフトバッグ又はSMB、スレート、コンパス、ナイフ
・ダイブコンピューター又はボトムタイマー
・減圧タンク用のレギュレーターとハードウェア
コース内容 ・知識開発(3)
・3回の実践応用セッション
・1回の限定水域か限られた海洋でのダイブ
・2回の海洋ダイブ(減圧のシミュレーション)
・1回の海洋ダイブ(減圧)
最大水深 40m
認定後にできること ・水深40m以内、減圧時間が合計10分未満のダイビング
・EANx50までの減圧シリンダーを所持したダイビング
コース詳細(金額は全て税別です)
コース料金 ¥72,000(指導料、教材費、申請料)
限定水域 ¥15,000/1日(タンク、施設使用料)
※EANxタンク使用の場合は、1本に付¥1,000プラス
海洋実習費 ¥22,000/1日(タンク、施設使用料)
※EANxタンク使用の場合は、1本に付¥1,000プラス
その他 ※ボートダイビングの場合は別途¥3.000(1ボート)、¥5.000(2ボート)プラス
※食事代、レンタル器材代は別途

PADIテック45

Tec40からさらに活動範囲を広げ、水深45mまでのテクニカル・ダイビングが楽しめるようになります。
最大水深は45mまでですが、50m又はそれ以深に潜るために必要な知識とスキルを身につけ、加速減圧のために純酸素を含むEANxが充填されたタンクを1本使用します。
メインで使用されるタンクは、Wタンク又はサイドマウントから選べます。

受講最低年齢 18歳
参加前条件 ・Tec 40の認定を受けていること
・レスキュー・ダイバー以上
・・50ダイブ以上のログブックによる経験の証明があり、少なくとも12ダイブはエンリッチド・エア・ナイトロックスを使用した18メートル/60フィート以深のダイビング、少なくとも6ダイブは(EANx使用の有無を問わず)30メートル/100フィート以深へのダイビングであること
・医師の診断書
必要器材 ・通常のレクリエーショナルダイビングで使用されるBCDとレギュレーターを除くダイビング器材
・メインで使用するタンクに適切なハーネス&BCD(ダブルブラダー)
・2つの独立したレギュレーター、そのうち1本はロングホース、最低1個の残圧計(サイドマウントの場合は2個)
・リール、リフトバッグ又はSMB、スレート、コンパス、ナイフ
・複数のEANxを使用して減圧が可能なダイブコンピューター2個、又は同様のコンピューター1個とボトムタイマー
・減圧タンク用のレギュレーターとハードウェア
コース内容 ・知識開発(3)
・3回の実践応用セッション
・1回の限定水域か限られた海洋でのダイブ
・2回の海洋ダイブ(減圧のシミュレーション)
・1回の海洋ダイブ(減圧)
最大水深 45m
認定後にできること ・テック器材を使用して、水深45m以内のダイビング
・EANxか酸素を所持してのダイビング(加速減圧用)
コース詳細(金額は全て税別です)
コース料金 ¥72,000(指導料、教材費、申請料)
限定水域 ¥15,000/1日(タンク、施設使用料)
※EANxタンク使用の場合は、1本に付¥1,000プラス
海洋実習費 ¥25,000/1日(※タンクEANx50含む、施設使用料)
※EANxタンク使用の場合は、1本に付¥1,000プラス
その他 ※ボートダイビングの場合は別途¥3.000(1ボート)、¥5.250(2ボート)プラス
※食事代、レンタル器材代は別途

PADIテック50

複数のシリンダーを用いて、複数回の減圧停止を行ない、水深50mまでのテクニカル・ダイビングが楽しめるようになります。
水深50mはボトムガスに空気を使用する最大深度であり、ここでは加速減圧のために純酸素とEANxを含む2種類の減圧用ガスを使用する減圧ダイビングを行なうための方法を学び、テクニカルダイバーとしてより完成された知識とスキルを習得します。

メインで使用されるタンクは、Wタンク又はサイドマウントから選べます。

受講最低年齢 18歳
参加前条件 ・Tec 45の認定を受けていること
・レスキュー・ダイバー以上
・100ダイブ以上のログブックによる経験の証明があり、少なくとも20ダイブはエンリッチド・エア・ナイトロックスを使用した18メートル/60フィート以深のダイビング、少なくとも15ダイブは(EANx使用の有無を問わず)30メートル/100フィート以深へのダイビングであること
・医師の診断書
必要器材 ・通常のレクリエーショナルダイビングで使用されるBCDとレギュレーターを除くダイビング器材
・メインで使用するタンクに適切なハーネス&BCD(ダブルブラダー)
・2つの独立したレギュレーター、そのうち1本はロングホース、最低1個の残圧計(サイドマウントの場合は2個)
・リール、リフトバッグ又はSMB、スレート、コンパス、ナイフ
・複数のEANxを使用して減圧が可能なダイブコンピューター2個、又は同様のコンピューター1個とボトムタイマー
・減圧タンク用のレギュレーターとハードウェアが2セット
コース内容 ・知識開発(2)
・3回の実践応用セッション
・2回の海洋ダイブ(減圧のシミュレーション)
・2回の海洋ダイブ(減圧)
最大水深 50m
認定後にできること ・テック器材を使用し、複数のシリンダーを用いた水深50m以内のダイビングで、複数回の減圧停止(EANxか酸素を使用)
・EANxか酸素を所持してのダイビング(加速減圧用)
コース詳細(金額は全て税別です)
コース料金 ¥95,000(指導料、教材費、申請料)
限定水域 ¥20,000/1日(タンク、施設使用料)
※食事代、集合場所までの交通費は別途
海洋実習費 ¥26,000/1日、2ダイブ ¥30,000/1日
(料金には使用するタンク、施設使用料を含む(EANx80)
※EANxタンク使用の場合は、1本に付¥1,000プラス
その他 ※ボートダイビングの場合は別途¥5.000(1ボート)、¥7.000(2ボート)プラス
※食事代、集合場所までの交通費は別途

PAGE TOP

Copyright(c) 2015 JAH DIVING CLUB All Rights Reserved.